未分類

金の名刺

自宅の庭師に月200万円払っているというご老人に気に入ってもらいアチコチの料亭などにも連れて行って頂きました。まるで竜宮城へ行った気分でした。ある日その老人が一枚の名刺を私に下さいました。「悪趣味と言われるかも知れないけど面白そうだから作ってみたよ」それは金で出来た名刺でした。20代の頃の話、どう考えても存命だとは思いませんがもう一度会いたいな~・・・お詫びも言いたくて・・・実は頂いた金の名刺、引っ越しを重ねているうちになくしちゃった<笑>

恩人にはPCやスマホではなくハガキで年賀状を出しましょう、もちろん一筆書きを添えてね!私は社長時代、入社間もない社員までにも一筆入れて年賀状を出していました。



-未分類

© 2021 男と女 Powered by AFFINGER5